キャリア構築は、自分のビジネスモデル化

皆さんこんにちは!

デール・カーネギー(米国の実業家、作家、ビジネスセミナー講師)を紹介します。

Inaction breeds doubt and fear. Action breeds confidence and courage. If you want to conquer fear, do not sit home and think about it. Go out and get busy.
動かないことが疑いと恐れを生み出す。行動は自信と勇気を生み出す。もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。
デール・カーネギー(Dale Carnegie)

今日は、「キャリア構築は、自分のビジネスモデル化」です。

変化の激しいグローバル社会においてのキャリア構築は、従来のキャリア構築やキャリアデザインではなく、企業や組織が持っているビジネスモデルの考え方をキャリア構築に取り入れていく必要があります。

現在大半のキャリア支援やキャリア構築のベースになっているライフキャリアやキャリア理論は、40年近く前の理論をベースにしています。この理論をベースにしたキャリア構築やキャリアデザインでは、不十分で有り時代に取り残されていってしまいます。

現代社会は、グローバル社会、景気変動、人口変動など様々な要因により、変化が激しく、技術の陳腐化、IT技術の革新的変化やAIの登場・発展において、個人のキャリア形成も柔軟に変更や改善を加えていく必要があるからです。このような環境下では、従来のキャリアプラニングやキャリアデザインでは充分に対応できません。

そのためには、まず、成長し続ける企業・組織には必ずビジネスモデルが有り、そのビジネスモデルを柔軟に変化させ時代、マーケットの変化に適応していくこと、また、新しいビジネスモデルを創造して企業・組織を成長させていっています。

個人のキャリア構築にも、このビジネスモデルの考え方を導入していくことが必要不可欠になっています。

世界中でベストセラーになった「ビジネスモデル・ジェネレーション」の共著者の一人がそこで提示された「ビジネスモデル・キャンバス」を個人のキャリア構築のために応用しました。

経営の大前提は、「当事者意識」です。当事者意識を持たなければ、経営は立ちゆかなくなります。個人のキャリア構築も「当事者意識」が必要です。自分自身のビジネスモデルであれば、自分が主役であれば、自分で責任をとっていく姿勢「当事者意識」をもって考え行動します。

このビジネスモデルをどのように個人のキャリア構築に適応していいたらいいのかを、まとめたのが「ビジネスモデルYOU」という書籍です。

Business Model You: A One-Page Method For Reinventing Your Career,

Timothy Clark, Alexander Osterwalder

訳書:ビジネスモデルYOU、ティム・クラーク, アレックス・オスターワルダー他、神田 昌典  (翻訳)

書籍の内容は、下記の通りです。

ビジネスモデルYOU内容

  1. Canvas
    組織や個人のビジネスモデルを分析し描くための鍵となるツール。
    その使い方を学ぶ
    CHAPTER 1 ビジネスモデル思考:変化し続ける社会に適応する
    CHAPTER 2 ビジネスモデル・キャンバス
    CHAPTER 3 パーソナル・キャンバス
  2. Reflect
    あなたの人生の方向性を見つめ直す。個人としての望み、そしてキャリア上の望みを、どう両立するのか?
    CHAPTER 4 あなたはどんな人?
    CHAPTER 5 キャリアの目的を明確にする
    3. Revised
    キャンバスと、ここまでの章で得た気づきをもとにあなたの仕事生活(ワークライフ)を調整しよう。-あるいは、新しく構築し直そう。
    CHAPTER 6 自分を新しく構築しなおそう
    CHAPTER 7 パーソナル・ビジネスモデルをもう一度描く
  3. Act
    全てを実現させる方法を学ぶ
    CHAPTER 8 あなたのビジネスの価値を算出する
    CHAPTER 9 モデルを現場でテストする
    CHAPTER 10 次に来るものは?
  4. Extras
    「ビジネスモデルYOU」を使ったキャリア構築支援やグローバルキャリア構築支援等をオンラインでしております。

何なりと「お問い合せフォーム」でお問い合わせ下さい。

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など