絶え間ない訓練

皆さんこんにちは!

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、アメリカの教育家、社会福祉活動家、著作家)の言葉を紹介します。

The best and most beautiful things in the world cannot be seen or even touched. They must be felt with the heart.
世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。
ヘレン・ケラー(Helen Keller)

今日は、「絶え間ない訓練」です。

多忙な日々の中で私達は、ともすれば目の前の仕事の処理や生活に追われ、自省し自らを高めて行くことを怠りがちになります。日々自らを高める努力をしなければ、いざというときに役に立たなくなってしまいます。

精神を訓練することは、例えば、引っ込み思案な性格の人が前向きな性格にしたい、という場合、その人は自ら日々あらゆる機会や場所で失敗してもへこたれないという思いで行動しなければ前向きな性格に変えることはできません。

人間は、行動した分だけその思考、姿勢(生き方)、性格が定着します。ここでいう「精神」を「知識・技能」と置き換えても考えさせられることが多々あります。

世の中が目まぐるしく変化している昨今、自分の専門分野は勿論のことあらゆることに関心を持ち知識を吸収していかなければなりません。また、その知識を生かす知恵も訓練していかなければなりません。

自分の専門分野外の情報であっても、生かし方次第で、専門領域に大きな恩恵をもたらします。常に自らを高める努力の人は、いつも輝いています。

本年10月2日のブログ「予期せぬ偶発性をキャリア構築に活かす」(リンクはこちら)では、「変化が激しい時代においては、その環境変化や技術革新を予測していくことは難しく、キャリア形成においても体系的で継続的なキャリア開発をあらかじめ計画し事前準備しておくことは、極めて困難なことです。計画し事前準備しておいたことも大きく見直すことが頻繁に必要となります。」と述べました。

これを実践行動に移していくには、精神的な姿勢が不可欠です。

本年11月3日のブログ「生きる力~折れない心の鍛え方 3~」(リンクはこちら)で述べた、下記のことを身につけておくことが大変重要です。

まずもって、最も重要なのは脳の反応として、どの様な精神的姿勢を持っているかということです。

折れない心を鍛えるためには、これが最も重要です。「精神的姿勢の確立」には、下記の3大項目があります。

「精神的姿勢の確立」3大項目

1.自分で主体的にやる姿勢をつくろう ↔ 人頼りの姿勢をやめよう

人頼りの姿勢の特徴

・やってくれない相手(周囲)が悪いのだと腹を立て、文句を言い、その上馬鹿にしながら嘆き続ける。

・結局は流されるだけで、心は不満、不快、苦痛の気分に支配され続ける。

自分で主体的にやる姿勢をつくるために

・自分が、「すでに在る条件」を使って「まだ足りない条件」を作り上げていく・・・、これが、「仕事をする」と言うことの本質である。

・「条件」(周囲の状況・環境特性)とは“使うべきもの”であり、また“つくるべきもの”である。

2.いつも進歩発展をめざす姿勢をつくろう ↔ 現状に甘んずる姿勢をやめよう

現状に甘んずる姿勢の特徴

・難しいと感ずる気持ち

・失敗への恐れ

・自分に対する評価への恐れ

・見栄、虚栄心

・批判への恐れ

いつも進歩発展をめざす姿勢をつくるために

・人間のやる事(やれる事)は、皆大差がなく、質的には“難しい”、“やさしい”という問題にはならない。ただ、量的に時間やエネルギーのかかり方が違うというだけである。

・失敗はけしからん悪事なのではなく、“前進”として役立つよいことである。“うまくいく”とは“まずくいく”との対比で、双方とも実践的に体得していってこそ本当に正しい把握ができる。

・“現在の自分がどのように思われているか”という価値よりも、“将来の自分が実際にどのくらい進歩をとげるか”という価値観の方をより重視する。

・見栄、虚栄心は、進歩発展に対して大きなブレーキとなる。見栄を張ることによって、かえって実際の、本来の姿(水準)よりも低く見られてしまう結果となる。

・批判や反対意見は進歩の糧として使える好条件の材料なのであるから、むしろ進んで受けるくらいの気持ちを土台に持っておいた方が。批判等をプラスに活用する人と、嫌がって(恐れて)つぶそうとする人とでは、後に格段の差がでる。

3.他人の利益もはかる姿勢をつくろう ↔ 自分だけよしの姿勢をやめよう

自分だけよしの姿勢の特徴

・私利私欲な行動

・自分の欠点は棚に上げて、他人の欠点ばかり気になる。

・主張・意見の衝突を避ける。

・嫌いな相手、苦手な相手を“敬遠する”姿勢

他人の利益もはかる姿勢をつくるために

・私欲は必要であり、そしてそれは誰にも平等にあるのだということ。

・欠点は誰にでも、何にでもあるのだということ。

・主張・意見(希望・考え方)は、ひとによって違うのだということ。「意見の衝突は起こってよいのではないか」という考え方を土台に、その上で全体の方向性をしっかり形成してゆく姿勢が必要。

・嫌いな相手、やりにくい相手、自分に反対意見を持っている相手でも、大きな目的の方向に向け皆有意義にプラスに活用していけるようにしなくてはならない。

古代ギリシャの文筆家・武将のクセノフォンは、このような言葉を残しています。

「身体を訓練しない者は、身体を使う仕事を成し得ないごとく、精神を訓練しない者はまた精神の仕事を行うことができない。」

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など