お客様本位

皆さんこんにちは!

 Get closer than ever to your customers. So close that you tell them what they need well before they realize it themselves.
今まで以上に顧客に近付きなさい。顧客が自分で気付くよりも前に、あなたが彼らの必要としているものが分かるほど近くに。
スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul “Steve” Jobs)

 お客様第一主義、お客様を大切に、とお客様中心主義を唱え、経営活動をしている企業は、多いと思います。しかし、お客様のことを本当に思い、お客様の都合に合わせて商売をしているか疑問に思うこともある。

お客様の都合に合わせるとは、場合によっては、原価を上げることにもなる。つまり、利益を圧迫することにつながるのである。それでもお客様の都合に合わせて商売をしていますか?しますか?ということである。

大方の企業や商店は、そこまではどうも、という答えでしょう。利益が薄ければ、更なる飛躍も望めないでしょうし、株主や関係者からお小言を頂戴することにもなるでしょう。だから、どうしてもお客様の都合よりも社内の都合を優先しがちになる。

そうすると、お客様第一主義の形骸化になる。お客様第一主義を貫こうとすると、お客様の選別が始まる。どのようにしてか。お買上金額によって。本当にそれでいいのですか。金の切れ目が縁の切れ目、という。この言葉は、そのまま商いにも当てはまる。

どんなに小さなお買上金額のお客様でも、大切なお客様なのである。そして、そのようなお客様が大半を占めるのである。あなたの企業やお店を土台からしっかりと支えてくれているのである。たとえ一人一人のお客様の力(お買上金額)は、小さくても。

変化の激しい昨今であるが、考え方を変えどんなお客様にもしっかりと対応する。お客様のために原価が上がってもきちんと経営が成り立つ企業、商店にしていく、経営者の力量が問われている。ひたすらお客様の喜びを願いそれに努めることであると思う。

ここまでは、ビジネスに関して述べてきたが、次に公務員に次に目を向けてみたいと思う。

公務員は、国や地方公共団体などの職員として、広く国民に対し平等に働くことを要求されている。営利を目的とせずに、人と社会のための幸福な社会づくりに貢献していく職業である。言葉を換えれば、公務員こそ「最たるサービス業」といえるであろう。

民間企業では、社員がシフトを組んでお客様対応に当たっている。土日や祝祭日でも営業してお客様対応をしている企業、特にサービス産業では一般的に見られる。

最近では、公務員の仕事の住民票や戸籍謄本などは、コンビニで取れるようになり大変便利になった。しかし、平日、窓口がもう少し遅くまで開いていると助かるのにと言う人は多くいる。また、土日祝祭日も住民のことを考えてもらえると有り難いということもある。

コストがかかると反対する方もいるかと思うが、公務員の仕事をみると必要のない仕事を作りだしていたり生産性が低かったりしているところを見直していく中で十分にやっていけると思う。

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など