グリーフ(悲嘆)のプロセス 01

皆さんこんにちは!

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、  小説家、劇作家、詩人、科学者、政治家)の言葉を紹介します。

You’ll never speak from heart to heart, unless it rises up from your heart’s space.

君の心の底から出たものでなければ、人の心を真にひきつけることは決してできない。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)

今日は、「グリーフ(悲嘆)のプロセス01」です。

本日から、グリーフ(悲嘆)のプロセスについて述べていきたいと思います。

グリーフ(悲嘆)には、様々な段階があり、多くの研究者がその段階について実証研究し発表しています。これから代表的なものをご紹介していきます。

悲嘆のプロセスは、必ずしも順番通りにたどるとは限りません。そのプロセスにおける段階が飛んだり、前に戻ったりして、何度もそのプロセスを繰り返すとこともあります。そして、それぞれの段階に要する時間は個人差があります。

グリーフ(悲嘆)は誰しも何らかの形で経験する正常な反応ですが、時には悲嘆のプロセスは、個人差があるとはいえ、長引くことやその悲嘆に押しつぶされてしまうような状況の場合には正常な悲嘆とは言えず、専門医療の介入が必要となります。

エリザベス・キューブラー・ロスの5段階(Stage)

エリザベス・キューブラー・ロス(ドイツ、Elisabeth Kübler-Ross、1926年7月8日 – 2004年8月24日)は、アメリカの精神科医。死生学(thanatology)の第一人者。『死ぬ瞬間』の著者で著名。

その著書にて、キューブラー・ロス博士は初めて、今では「死の受容のプロセス」と呼ばれている「キューブラー・ロスモデル」を提唱しています。キューブラー・ロス博士は、幾千件もの末期がん患者など「死」を目前にしている人々へのインタビューとその考察から「死ぬ瞬間から死とその過程について~」で「死の受容のプロセス」の5段階モデルを提唱しています。

「死」を目前にする本人がその「死」を受け入れていく過程として提唱されていますが、愛する人を亡くした場合のグリーフ(悲嘆)も同様の過程をたどると考えられています。

1.第1段階 「否定と隔離」

まず、自分が死ぬということへの衝撃が走り、強い否定の感情湧きます。「嘘だ、信じられない!」という気持ちが起こり、大きな焦りや無力感に襲われます。また、言葉に表しようのない不安感に襲われます。

愛する人を亡くした場合にも、死別への衝撃が走り、強い否定の感情湧きます。「嘘だ、信じられない!」という気持ちが起こり、大きな焦りや無力感に襲われます。また、言葉に表しようのない不安感に襲われます。

2.第2段階 「怒り」

なぜ自分は死ななければいけないのかという怒りを、周囲や神へぶっつけたり、恨み、ねたみ、憤りという感情が表れる段階です。

愛する人を亡くした場合では、亡くなった本人へなぜ自分を残して先に逝ってしまたのかという怒りとして表れたり、がんなどの病気で亡くなった場合には、病院や医師への怒りや恨みとして表れたりします。また、家族間の喪失感情の違いから、家族に怒りの矛先を向けたり自分自身を責め足りする段階でもあります。

3.第3段階 「取引」

なんとか死なずにすむように、取引を試みようとする段階です。「死を避けられたらなんでもする。」「~をするから、どうか死を回避して欲しい。」など。それは「よい行い」をすることへのご褒美を兼ねていて、自分で「期限」を決めたり、「もし~がなかったら、それ以上は望まない」という暗黙の約束でもあります。

愛する人を亡くした場合でも同様な心理が働きます。愛する人を亡くしたという事実はあるもののその結果を先に延ばすべくなんとか交渉しようとする段階です。

4.第4段階 「抑うつ」

「やはり死は避けられないのだ」、とそれまで部分的に否認してきた「死」というものは避けることができないのだという事実を覚悟し容認せざるおえなくなる段階です。強烈な孤独感や不安感に苛まれ、全てを失ってしまったという喪失感から「ひとりになりたい」という気持ちになる時期でもあります。

愛する人を亡くした場合でも、「やっぱりいなくなったんだ・・・」「君は、もういないんだ・・・」と、それまで部分的に否認してきた、愛する人の死という事実・現実を覚悟し容認せざるおえなくなる段階です。強烈な孤独感や不安感に苛まれ、全てを失ってしまったという喪失感から「ひとりになりたい」という気持ちになる時期でもあります。

第5段階 「受容」

最終的に自分が死に行くことを穏やかに受け入れられる段階です。

愛する人が亡くなったんだということの現実を受け入れられる段階です。

今日は、エリザベス・キューブラー・ロスの5段階(Stage)について述べてきました。

次回以降、他の専門家のグリーフ(悲嘆)のプロセスについて言及していきたいと思います。

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など