グローバル社会を生きる~古教心を照らす、心古教を照らす~論語003

皆さんこんにちは!

 ウォルト・ディズニー(米国のエンターテイナー、プロデューサー、実業家。ミッキー・マウスの生みの親)の言葉を紹介します。

 The way to get started is to quit talking and begin doing.
何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。
Walt Disney (ウォルト・ディズニー)

当シリーズは、グローバル社会にどう生きるかを、歴史の重みに耐えて今なおその普遍性を有する古典を紐解くことにより得ていきます。

古典は、洋の東西ありますが、まずは「論語」をシリーズとして取り上げ、今日は、その第3回です。

論語爲政第二の十三に、次の章句があります。

意味は、君子のことを孔子におたずねした。先生(孔子)は、いわれた、「まず、その言おうとすることを行動に移しなさい。その後で、ものを言うことだ。」

・子貢:孔子の門人で孔子より31歳年少。姓は端木(たんぼく)、名は賜(し)、子貢はあざ名。

頭の回転が速く、聡明、雄弁で、外交に優れていた。孔門十哲(こうもんじってつ)のひとり。孔門十哲は、孔子の弟子の中でも最も優れた十人の弟子のこと。

・君子:徳の高い立派な人物。人格者。

子貢は、聡明で雄弁ですが、行動が伴わない弟子でした。その弟子の質問に孔子は、子貢の欠点(行動に移さない)を見極めて的確なアドバイスをしました。

現代の私たちの周りを見ても、子貢のような人を見ることがあります。会議をすれば立派な企画書を作成しプレゼンも弁舌さわやかで出席者を魅了します。しかし、そこから先の行動が伴わないのです。なんだかんだと理屈をつけては、先延ばし状態。企画の実行は、自分以外の者がするべきと思っているのではないかと思ってしまいます。

私もそのような人を何にも見てきました。本年(2020年)の2月末での過去3年ほど、ある事業の立ち上げに関わっていきました。その事業の立ち上げで、その時点で過去1年半ほどは、毎週のようにミーティングをして、ビジネスモデルやその事業のミッションなども決め、何をしなければいけないのか、その役割分担(本人も了承)も決めて進めてきました。

しかし、そのメンバーの一人は、ミーティングでは結構立派なことを言っているのですが、自分がやるべきタスクはいっこうに進まずでした。何かと理屈をつけて先延ばし、先延ばしで、自らは動こうとしませんでした。結果、他のメンバーが彼のタスクをやることとなりました。

彼は、過去にも同様なことがあり、メンバーが離れていった経緯があります。本人もメンバーが離れていくことは、自覚していることを自らの言葉で語っていましたが、同じ行動の繰り返しでした。彼からは、メンバーが離れていきました。

歴史の重みに耐えた古典には、現代に活きる教えがあります。

この箇所の素読音声をお聴きいただけますので、下記再生してお聴き下さい。

連載続く

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など