グローバル社会を生きる~古教心を照らす、心古教を照らす~論語004

皆さんこんにちは!

 森 信三(もり のぶぞう、日本の哲学者・教育者。通称、しんぞう。)の言葉を紹介します。

 「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。」

有名なのはここまでですが、続きがあります。

縁は求めざるには生ぜず。内に求める心なくんば、たとえその人の前面にありとも、ついに縁を生ずるに到らずと知るべし。
森 信三

当シリーズは、グローバル社会にどう生きるかを、歴史の重みに耐えて今なおその普遍性を有する古典を紐解くことにより得ていきます。

古典は、洋の東西ありますが、まずは「論語」をシリーズとして取り上げ、今日は、その第4回です。

論語爲政第二の十五に、次の章句があります。

意味は、先生(孔子)は、いわれた、「学んでも考えることをしなければ、ものごとははっきりしない。考えても学ぶことをしないで思考を只巡らせるだけでは独善的考えになってしまい危険である。」

・学んでも:「学」とは、書物を読んだり先生に聞いたり、外部からの習得を意味します。

孔子のこの教えは、現代の私たちにも大きな教えです。現代社会は、孔子の時代同様書物や人に教えを請うというほかに、インターネットなどの様々なメディアからも情報を収集し学ぶことが出来ます。しかし、その情報や学んだことを自分で考えなければ、生きた情報、学びとはならないのです。

また、逆に、書物や人に教えを請うことや様々なメディアから学ばずに、一人で思い考えるだけでは、独善的な考えになってしまって意味がなく、危険なのです。

自分で考えると言うことは、書物や人から聞いた話しや、インターネットで知ったことや吸収した知識を只そのまま鵜呑みにしていくと大変危険な場合もあると言うことです。それらの情報や知識を頭の中で、場合によっては書いて関連づけたり、組み合わせたりして単なる情報や知識として存在するものを活かして行くことではないでしょうか。そのようにすることによって、知識が智恵に変わっていきます。

新型コロナウイルスへの不安が広がる中で、SNSなどを介してトイレットペーパーに代表される日用品の在庫や予防法に関しての誤った情報の拡散が起こっています。誤った情報は、正しい情報よりも早く広まると言います。

人は、衝撃的でネガティブな情報の方が記憶に残りやすい習性があるようです。仮に、信頼できる友人、知人からの話であっても、情報源が不明の場合は疑ってみること、また、自分できちんと調べ、情報を整理していくことは間違った行動をしないために大切なことです。

本年9月29日付のブログ「情報収集と点検確認」で述べたことの一部を引用します。

「情報収集、分析、測定に当たっては、自分自身の「立場」の点検確認を常にしておかなければなりません。同様に、情報源の立場(情報提供者の立場)、判断者の立場も考慮に入れる必要があります。」

「収集した情報(データ)は、点検をしなければなりませんが、最初にしなければならないのが、「確定的材料」と「確定的でない材料」の区別です。点検した後の整理や分析の展開は、「確定的な材料」から出発しなければなりません。」

歴史の重みに耐えた古典には、現代に活きる教えがあります。

この箇所の素読音声をお聴きいただけますので、下記再生してお聴き下さい。

連載続く

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など