生きる力~折れない心の鍛え方 4~

皆さんこんにちは!

スティーブ・ジョブズ(アップル社の共同設立者の一人)の言葉を紹介します。

I think if you do something and it turns out pretty good, then you should go do something else wonderful, not dwell on it for too long.
何かに取り組んでそれが非常に良い結果を生むことが判明した場合は、あまり長い間それにこだわり過ぎずに他の素晴らしいことに取り組むべきだと思う。
スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul “Steve” Jobs)

今日は、「生きる力~折れない心の鍛え方~4 思考方法の整備~思考力の向上」について述べます。

思考方法の整備~「思考力」の向上~

折れない心を鍛えるための3面(精神的姿勢の確立、思考方法の整備、実際知識の拡大)の「思考方の整備」について述べて行きます。

思考方法の整備」5大項目

1.常に中心点を明らかにし、中心・骨組みで考える習慣をつくろう

・「つかむ作業(前半)」と「計画する作業(後半)」

思考方法の面で、まず、最初の土台習慣作りは、「何に対しても、いつでも中心部分を明らかにし、中心と骨組みで物事を考える」という点です。
「物事を考える」という場合には常に、下記のステップがあることを意識して下さい。

  • すでに在る物事を「つかむ」という前半の段階(中心点をつかむ)
  • これからの物事を「計画する」という後半の段階(中心点を決める)

※「中心点をつかむ」「中心点を決める」の「中心点」というのは、全体に対して最も支配的な影響を持っている要素ポイントであり、それが動き、片付くと大方は片付くといったような性質のかなめです。

主なブロック(要素)に分ける

  • まずその全体をいくつかの主なる部分やブロックに分ける
  • 各部分、ブロックの中心部を取り出す
  • その中心部どうしの間の相互関係をきっちとつかむ(立体的な関係の視点をもつ)
  • それらのつながりの中での一番の中心部はどこかを明らかにする

これがほぼ全体の中心点です。このステップによって全体の骨格は大雑把に把握でたことになります。

各部分の中心点がつかみにくい場合には、さらに同じように上記のステップを行う。

・目的・目標・方針

後半である、「中心点を決める(確立する)」は、目的・目標・方針をしっかりと決めるということです。

目標・目的の確立とその「決心」は、何かまとまった行動をしようとする際の脳の中の「統一指令」です。

※少し固い言葉ですが、「戦略」「戦術」という用語について説明します。ここでのやり方での折れない心を鍛えるために重要な位置を占めるものなので簡単に説明しておきます。

「戦略」とは、目的性、方向性の考えの中でしかも原則(容易に譲らない、安易に変更しない水準のもの)をもつものです。
「戦術」とは、「戦略」に対し、どのように具体的にそれを達成していくかという手段方法です。

2.常に両面とも考えどちらが主流かも考える習慣をつくろう

・常に両面とも考える

どんなものにも両面があります。いつでも対比で考える習慣をつくりましょう。
両面を知らなければ真の認識にはなりません。例えば、損をしたら、得をした方は?とすぐ考えます。
怒っている人がたくさんいるとみたら、喜んでいる方の人は?とみてみます。

・どちら側が主流かも考える

両面とも考える際には、必ず「どちら側が主流か」と言うことも同時に考えるという習慣は、大変重要です。両面は、通常、対等ではありません。

・目立つ部分と目立たない部分

物事、出来事の中には、「目立つ部分」というのがあります。通常の場合は、「目立たない方

の部分」こそ主流の面だと言えます。例外部分だからこそ目立つことになるのであり、また

逆に圧倒的多数を占める部分だからこそ目立たないことになるからです。

マスコミやジャーナリズムという世界では、徹底して「目立つ方の例」を取り扱います。

3.立場・観点を整理し、多角度から考える習慣をつくろう

・「立場」という整理は役に立つ

「私の立場にもなってください」とか「相手の立場で考えなさい」言った表現は、日常使いの一般的な言葉です。しかし、「立場」という言葉をもう少し踏み込んだ「思考の用語」として考え方の整理のために使いこなすと大変有益な力を発揮してきます。

・一方の角度だけで終わらない

例えば、「課長の立場」という場合には、部下の立場とか部長の立場という別の角度が前提にあるから初めて成り立ちます。その前提なしに課長の立場を切り離しひとつだけ言ってみても意味がありません。つまり、立場というのは「複数の要素間の相互関係」を整理して考えるというところに、大切で重要な意義があります。

・立場と希望

立場という用語の具体的な中身を集約すると「希望(利益)」ということになります。

つまり、「こうしたい」という行動の内容がその立場をあらわしているのです。言いかえれば、立場というのは必ず希望をもっているし、逆に、希望はある立場をあらわしているということになります。また、立場と希望を考える場合には、その立場側での具体的行動をシミュレーションをしてみると効果的です。

・立場と戦略

立場によって希望、利益がことなるということは、立場によって価値の内容が異なるということです。これは、同時に次のような点を含んでいます。

「立場によって主張、意見が異なる」

「立場によって評価(よしあし)が異なる)

「立場によって進行方向とルールが異なる」

つまり、「立場によって戦略が異なる」という意味でもあります。これらのことは、当然立場どうしの間に大なり小なり衝突が生まれることを意味します。

・立場の整理

希望や意見は、どの立場からだされているのかを冷静に検討して整理して見ることの習慣化は、大変重要です。検討、整理の際には、必ず自分自身の立っている立場について自分で点検しておく必要があります。なぜならば、自分自身もある何らかの立場に立っているはずなのですが、無意識のうちに偏りをもって流されているのに気づかなかったりすることがあるからです。

4.確定的要素から出発して考える習慣をつくろう

・「確定的要素」と「確定的でない要素」

<確定的要素>

確定事実

確定的法則

確定的可能性

<確定的でない要素>

憶測

印象

仮定

思い込み(空想)

未確認情報

評価

※確定的要素の確定的で内要素を区別する

確定的でない要素によってやたらと気分を支配されたり、悩んだり困ったりしている人が随分たくさんいます。自分自身はどうなのか点検してみましょう。

5.行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう

・概念と具体的中身

概念と具体的中身は、常にセットで考え、しかも連係的に考える習慣を作りましょう。例えば、「お客様を大切に」ということであれば、雨の日に来店されたお客様が雨でお客様の服がぬれていたら、そっとおふきするとか。

・言葉や概念は重要

概念や抽象化された言葉は、重要です。それなくして、整理や分析は不可能ですし、簡単な意思疎通もできません。そのような言葉や概念をつなぎ合わせただけではなく、具体的に何を意味するのか行動の内容として誰もがほぼ共通の認識になるよう示すことが重要で不可欠です。

次回に続く

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など