自らの汗と涙で

皆さんこんにちは!

新型コロナウイルスの収束の出口がなかなか見えですね。

このような状況の中で、リモートワークやネットを使った教育などを取り入れる企業や教育機関の報道を見聞きすることがあります。ネットを使った働き方や教育が今後益々身近なものとして、言いかえれば、普通の存在に今後なっていくのでしょう。

サミュエル・スマイルズの著書に『自助論』がある。1859年発行のサミュエル・スマイルズ著の成功伝集である。原題は『Self-Help, with Illustrations of Character and Conduct』である。

序文にある「天は自ら助くる者を助く」という言葉は大変有名である。独立自尊の精神を広めた、古典的名著でもある。アダム・スミスやニュートン、シェークスピア、ミケランジェロ、コロンブス、ガリレオ・ガリレイ、などさまざまな分野で活躍した有名、無名の人々のエピソードや言葉を引用しながら、「自助」の精神の重要性を訴えている。

『自助論』サミュエル・スマイルズ著(竹内均訳、三笠書房)からその一部を引用してみよう。

「最良の教育とは、人が自分自身に与える教育である」ウォルター・スコットはこう語ったが、学問や芸術の分野で偉業を成した人間には、確かにこの言葉が当てはまる。

学校教育は、真の教育のほんの手始めにすぎず、精神を鍛え勉強の習慣をつけるという意味でのみ価値がある。他人から押しつけられた教育は、自分で熱心に努力して得たものほど身につかない。

自らの汗と涙で勝ち取った知識だけが、完全に自分の所有物となるのだ。自分自身が勉強すれば、その内容についての印象はいつまでも鮮明に残る。人から与えられた不十分な情報とは違って脳裏にはっきりと刻みこまれる。

このような自己修養は、同時に学問への情熱を呼び起こし、それを強める。一つの問題を解けば、それが次の問題を征服する励みとなり、知識はしだいに実際の用を足すものに変わる。」

自分自身を振り返ってみるに、自分で苦労し、時には投げ出そうとしたもので最後までやり通したことはしっかりと身についている。自ら能動的に学んでこそ真の生きた知識、力となるということである。

外資系企業のエグゼクティブとして通用する英語力を持てるようになったのも自分で苦労したからこそだと思う。英語学習は、公立中学に入学して初めて学び、1年生の終わり頃には、英語嫌いになった。

中学2年生も数ヶ月経ったある日に何気ないきっかけで(NHKテレビの英語会話番組)、再度興味を持ち英語の教科書の音読を始めた。それからは、手当たり次第に勉強した。

英会話学校には一度も通わず、父に買ってもらった英語教材(カセットテープ付)をテキストがぼろぼろになるまで、カセットテープはテープがすり切れるまで使い切った。

また、NHKの英語会話番組(初級、中級)は、徹底的に予復習をして観ていた。特に、中級の番組は、國弘正雄氏(文化人類学者、同時通訳者、故人)が講師を務められていて「トークショー」という名のもと、世界各国の著名人とのインタビューがありグローバル社会へ目を向けるきっかけにもなった。また、高度な英語力を身につけることにもなった。

その後も、英会話学校などには通わず、ある意味独学で英語力を身につけてきた。

その他、ビジネスで必要な様々な知識や思考方法、プレゼンなど自ら苦労したものは生きたスキルとして役立っている。

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。

2005年11月、 約10年連れ添った最愛の妻をがんで5年間の闘病の後亡くす。長年実践研究を妻とともにしてきた「いきるとは?」「人間学」「レジリエンス」「グリーフケア」をさらに学際的に実践研究を推し進め、多数の素晴らしい成果が生まれてきた。
この成果を社会に還元し全ての人がIKIGAIをもって各自の人生を歩み、よりよい社会づくに貢献するために本事業を立ち上げる決意をする。

2021年4月20日 株式会社レジクスレイ設立 創業者兼CEOに就任

【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア
●レジリエンス(精神的回復力)
【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など