J. S. Bach-心のエヴァンゲリストへのご招待

バッハとの出会いの強烈さから「バッハへの回心」をする音楽ファンがいるという。私もその一人となったようである。そしてそれは、多くのバッハファンがそうであるように、音楽の中心がバッハ中心になりそのほかの音楽を好んで聴くということがなくなって行った。