01:人生二度なし-IKIGAI・人生の道しるべ-02:人生山あり谷あり05:道を開く-人生とキャリア

一燈を提げて暗夜を行く

皆さんこんにちは!

新型コロナウイルスの感染拡大で先が見えない状態です。様々なところにその影響が出ていて不安が募るばかりです。しかし、必ず収束の時がくると信じて、日々の行動をしていくことが大切です。

今日は、「一燈を提げて暗夜を行く」です。

愛読書の1つに、佐藤一斎(さとう いっさい)の『言志四録』があります。この書は、その時その時で同じ言葉でも置かれた状況により身にしみる教訓が心を照らしてくれます。まさしく、「古教心を照らす、心古教を照らす」です。

佐藤一斎(さとう いっさい)

佐藤一斎(さとう いっさい、1772・安永元年~1859・安政6年)は、江戸時代の儒学者です。幼少の頃から読書を好み、武術にも優れていたといいます。13歳の頃には、その才能の頭角を現し、成人のような扱いを受けていたといいます。

33歳のときには、「昌平坂学問所」の塾頭に就きました。その後、70歳の時に、「昌平坂学問所」を統括する立場になりました。彼の門下生は、3,000人といわれ、山田方谷、佐久間象山、渡辺崋山、横井小楠、若山勿堂、池田草庵、東沢瀉、吉村秋陽、安積艮斎、中村正直、林靏梁、大橋訥菴、河田藻海、竹村梅斎、河田迪斎、山室汲古、北條悔堂など、いずれも幕末に活躍した人材を輩出しています。

言志四録

佐藤一斎が42歳から82歳にかけてまとめ上げたのが、『言志四録』です。『言志録』、『言志後録』、『言志晩録』、『言志耋(てつ)録』の4篇から成り収録されている語は1133条あります。

人生において、学ぶことや生きることの大切さが語られています。西郷隆盛や幕末の志士達に大きな影響を与えました。そこで語られている内容は、現代にも通ずる貴重な教訓、教えでもあります。現代においても多くの人達やリーダーのためのバイブルと呼ばれ、生きる指針となっています。

一燈を提げて暗夜を行く

私は、この書の中で座右の銘にしている言葉があります。

「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め。」

意味は、「暗い夜道を歩くとき、一張の提灯を提げて行くならば、如何に暗くとも心配しなくてよい(自分のおかれている厳しい状況)。ただその一つの提灯(わずかな可能性)を頼りにして進だけでよい。」です。

私の人生にも前の見えないことがあります。伴侶のがん闘病、死別、失業、転職など、不安に襲われ前が見えなくなります。そのようなときこの言葉は、私の心に一つの灯火を掲げてくれます。

また、米国企業日本法人でCFO(最高財務責任者)をしていたときに、大リストラがあり、その後、米国本社から社長への要請、引き受けましたが社内外には問題が山積みでした。まさしく前が見えなく不安だらけでした。そんなときもこの言葉は、私の心に一つの灯火を掲げてくれました。

どんな人にも、前の見えない道を歩んでいく時、不安を感じるものです。そのようなときに、心を照らす灯火があれば、暗い道も明かりで照らされていきます。

どのような組織のリーダーであっても、他の人よりも前に出てその組織を引っ張っていかなければならず、心の支え、向かうべき方向を照らす灯火は必要不可欠であり、リーダーとしての素質が磨かれ鍛えられるのではないでしょうか。

ご感想、お問い合せ、ご要望等ありましたら下記フォームでお願いいたします。

投稿者プロフィール

市村 修一
市村 修一
【略 歴】
茨城県生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
日米欧の企業、主に外資系企業でCFO、代表取締役社長を経験し、経営全般、経営戦略策定、人事、組織開発に深く関わる。その経験を活かし、激動の時代に卓越した人財の育成、組織開発の必要性が急務と痛感し独立。「創造・挑戦・変化」をキーワードに、日本企業、外資系企業と、幅広く人財・組織開発コンサルタントとして、特に、上級管理職育成、経営戦略策定、組織開発などの分野で研修、コンサルティング、講演活動等で活躍。
【専門領域】
●組織文化・風土改革  ●人材・組織開発、キャリア開発
●グローバル人財育成  ●異文化理解
●東洋哲学・思想(人間学、経営哲学、経営戦略) ●グリーフケア

【主な論文/プレス発表】
「仕事と脳力開発-挫折また挫折そして希望へ-」(城野経済研究所)
「英語教育と脳力開発-受験直前一ヶ月前の戦略・戦術」(城野経済研究所)
「国際派就職ガイド」(三修社)
「セミナーニュース(私立幼稚園を支援する)」(日本経営教育研究所)

研修・コンサルティング・講演実績

【主な研修実績】

グローバルビジネスコミュニケーションスキルアップ ●リーダーシップ ●コーチング●ファシリテーション ●ディベート ●プレゼンテーション ●問題解決
グローバルキャリアモデル構築と実践 ●キャリア・デザインセミナー ●創造性開発 ●情報収集分析 ●プロジェクトマネジメント研修他

※上記、いずれもファシリテーション型ワークショップを基本に実施

【主なコンサルティング実績】

年次経営計画の作成。コスト削減計画作成・実施。適正在庫水準のコントロール・指導を遂行。人事総務部門では、インセンティブプログラムの開発・実施、人事評価システムの考案。リストラクチャリングの実施。サプライチェーン部門では、そのプロセス及びコスト構造の改善。ERPの導入に際しては、プロジェクトリーダーを務め、導入期限内にその導入。組織全般の企業風土・文化の改革を行う。

【主な講演実績】

産業構造変革時代に求められる人材
外資系企業で働くということ
外資系企業へのアプローチ
異文化理解力
経営の志
商いは感動だ!
品質は、タダで手に入る
利益は、タダで手に入る
共生の時代を創る-点から面へ、そして主流へ
幸せのコミュニケーション
古典に学ぶ人生
古典に学ぶ経営
論語と経営
論語と人生
安岡正篤先生から学んだこと
素読のすすめ
経営の突破口は儒学にあり
実践行動学として儒学に学ぶ!~今ここに美しく生きるために~
何のためにいきるのか~一人の女性の死を見つめて~
縁により縁に生きる
縁に生かされて~人は生きているのではなく生かされているのだ!~
看取ることによって手渡されるいのちのバトン
など